*

石油系合成界面活性剤はどんなものに入っているの?

   

こんにちは。

三重県四日市 顧問医師契約サロン エクレのしみ改善アドバイザーさとっちこと、久保さとみです。

いつもありがとうございます!

今、私はコンテンツ力を磨くっていう塾に入ってまして、そこで私のサロンの特徴をみんなで探ってもらったんです。

シミやしわの改善とか、癒しとかじゃなく。

エステサロンはそれがお仕事ですから。

それ以外の特徴。

みんなが言ってくれた特徴、確かにそういう場になってるなーって思いました。

これは後々ブログにアップしまーす!

さてさて本日は、前回の続き、「石油系合成界面活性剤はどんなものに入っているのか」というお話を。

化粧品の裏面をみても「石油系合成界面活性剤」とは書いてないんです。

記号だったり、難しい名称だったり。

これも1部にはなりますが、また後日種類を書いていきますね。

何に入っているのか。

①水と油が混ざっているもの。

②汚れが良く落ちるもの。

③良く泡立つもの。

これらの性質を高める為に入れる。

そして、安いコストで製品がつくれるのです。

 ・台所用洗剤

・洗濯用洗剤

・マウスウォッシュ

・薬用せっけん

・ハンドソープ

・洗顔料

・クレンジング

・乳液

・クリーム

・ファンデーション

・口紅

・漂白剤

・歯磨き粉

・シャンプー/リンス

・毛染め

・ボディーシャンプー

・風呂用洗剤 カビとり剤

ってほとんどの商品じゃーんって感じですよね(>_<)

化粧品3

 

私たち消費者はどのようなものを選べばいいのでしょう??

 

その為にはアンテナを貼る事だと思います。

テレビCMに惑わされずに。

今では、石油系合成界面活性剤不使用と謳ってるものも出てきましたね。

そして、その製品は他の部分も安全なのかをきちんと調べる事です。

その会社の取り組みを調べる事です。

 

エクレではドクターリセラ」という会社の製品でお手入れをしています。

次回は「植物性」「自然由来」は安全なのかお話します。

 

肌の悩みがある方は→お肌チェックはこちらから

無料カウンセリングはお気軽にお電話下さい。

エクレのホームページは下記を↓↓をクリック

http://www.eclat-s.com/ 

059-358-5277 ←クリックすればつながります。

久保さとみのママ目線ブログはこちらをクリックこっちもみてね

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
久保 さとみ

久保 さとみ

エステ歴10年。2008年シミ改善専門エステサロンを開業。国際INFAライセンス取得。ドクター認定スキンフィットネスカウンセラー。日本全身美容協会認定エステティシャン。2013年優良サロンに認定される。 ドクターリセラ推奨サロン。 「あなたに豊かで輝く人生を送っていただく」を使命としています。きらきらライフとして、キレイでいられる、健康でいられる事を配信。

 - ❤美魔女計画, 化粧品添加物

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 1follow us in feedlyLINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事