*

お肌本来のちから③~紫外線からお肌を守る~

   

こんにちは。

顧問医師契約サロンe’clatのしみ改善アドバイザーさとっちこと、久保さとみです。

いつもありがとうございます!

お肌のトラブルを起こさない為にお肌本来のちからの素晴らしさを知っておく事も大切!

前回は、角質層のお話でした。

今回は薄い薄い角質層の下の顆粒層のお話。

img171(2)

 

ここは紫外線からお肌を守ってくれる大切な部分。

この顆粒層の細胞内には「ケラトヒアリン顆粒」とよばれる顆粒を作ります。

ですので、顆粒層と呼ばれるんですね。

 

ケアトヒアリン顆粒はガラス質状の顆粒で、光を屈折・反射させる働きがあります。

この部分の細胞が健康であれば

それで、紫外線を守ってくれているんですね。

すごいですね!!

 

もともと体にはこんなすばらしい防御機能があるんですね♪

 

しかもこのケラトヒアリン顆粒は角質に押し上げられると角質層の中で水を抱え込む為に必要な成分の1つ

「NMF(天然保湿因子)」に変るのです。

 

ケラトヒアリン顆粒は、顆粒層では紫外線を跳ね返す役割をし、角質層では水分をキャッチして離さない役割でお肌の保湿効果を高めてくれるのです。

 

顆粒細胞がケラトヒアリン顆粒をつくらないと「NMF」による水分保持が十分にできないので、角質層は硬くカサカサになるのです。

 

そして、顆粒細胞は「層板顆粒(オドランド小体)」という顆粒を作ります。

これがセラミドを作るもととなるのです。

角質層に移動する際にこのセラミドを放出させるのです。

ほんとにすごいですね!!

これらの作用は、お肌が健康であるから出来る作用。

 

未熟な細胞が押し上げられないように、健康で成長した細胞を作る事が不可欠です。

 

元気な細胞を作るには、バランスのいい食事と良質な睡眠を心がけましょう。

食べ物で身体が作られていますから、外食やコンビニ食などばかりでは健康な細胞は作られません。

 

シミや美白に良い食べ物はβ-カロテンの多い緑黄色野菜。

にんじん・パセリ・モロヘイヤ・ほうれん草・小松菜・菜の花etc..

抗酸化作用が高く皮膚や粘膜を強くして、肌荒れや老化も予防してくれます。

 

ビタミンCも抗酸化力が強いので、一緒にとる事をおススメします。

シミのもととなるメラニン色素の合成を抑えてくれます。

1番多く含まれているのは、アセロラです。

他に赤ピーマン・芽キャベツ・ゆず・パセリetc..

 

そして、睡眠も大切。

寝ている間に、成長ホルモンが分泌されます。

眠りについてから2時間後ぐらいから分泌されます。

この成長ホルモンは、お肌の新陳代謝を活発にさせたり、血行を良くしてお肌の老廃物を取り除いてくれたり、運動や労働で疲労した体組織を修復再生してくれます。

成長ホルモンをしっかり分泌させるため、良質な睡眠を心がけましょう。

良質な睡眠を取るには、昼間運動をしたり、チーズや納豆などのタンパク質をとるといいですね。

 

そういえば、加圧トレーニングに行っているんですが、成長ホルモンの分泌でトレーニング中なのにめちゃくちゃ眠くなるんですよね。

関係ないですが・・・^_^;

肌トラブルになる前に予防が大切ですね。

あとは、日焼け止めを365日塗る事。

もちろん室内にいてもです。

なぜなら、紫外線A波といわれる波長は、ガラスを通って室内にも届いてしまうからです。

どんなにSPFが高くても日焼け止め効果は5時間くらいなので、5時間たったら塗りなおす。

汗をかいたら塗りなおす。

日傘を使用する。

これらの事でも、予防はできますね♪

 

あなたのお肌がいつまでも美しく、あなた自身が若く元気で、イキイキと楽しい生活が送れますように

 

顧問医師契約サロン e’clat(エクレ)三重県四日市市南松本町3-10

059-358-5277 ←クリックすればつながります。

しみ改善エステ / /私がドクターリセラにこだわる訳

エクレに出来る事と出来ない事 /メールで問い合わせる

 久保さとみのママ目線ブログはこちらをクリック←こっちもみてね

The following two tabs change content below.
久保 さとみ

久保 さとみ

エステ歴10年。2008年シミ改善専門エステサロンを開業。国際INFAライセンス取得。ドクター認定スキンフィットネスカウンセラー。日本全身美容協会認定エステティシャン。2013年優良サロンに認定される。 ドクターリセラ推奨サロン。 「あなたに豊かで輝く人生を送っていただく」を使命としています。きらきらライフとして、キレイでいられる、健康でいられる事を配信。

 - ❤美魔女計画

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 1follow us in feedlyLINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事