*

自然治癒力を高めるということ

      2014/04/01

こんにちは。

顧問医師契約サロンe’clatのしみ改善アドバイザーさとっちこと、久保さとみです。

いつもありがとうございます!

 

もっともっとお客様のお役に立ちたいと、一年程まえからスクールで 1から学び直しています。

 
 
エステって本当に奥が深く、誰でもできちゃうけれど、知識がなければトラブルにもなりかねない。
 
 
もっともっと深く学びたくなった。
 
 
 
 基本の人体を学ぶ事によって もっともっといい結果が出るのではないか。
 
一つではなくあらゆる方向から。
 
 
 
 
何よりすごいのは、もともと備わっている自然治癒力。
 
 
 
風邪をひいたら、すぐ薬に頼っていませんか?
 
 
 
高熱が出たから解熱剤をすぐ使っていませんか?
 
 
 
ウイルスが体内に入った時、体内にはウイルスと闘う細胞がもともとあるんです。
 
 
 
一生懸命闘って、風邪を治してくれる、熱を下げてくれる。
 
 
 
自分の力なんですよね。
 
 
この本来もつ自然治癒力を低下させていませんか?
 
 
すぐ薬を使ってしまう。
 
食品添加物。
 
睡眠不足。
 
などの理由によって、自然治癒力を低下させてしまう。

 

自然治癒力が低下すると、病気になりやすくなります。

 

免疫力の低下。

 

免疫力を上げるには、添加物を控えた良い食材で、バランス良く食事をする。

睡眠をしっかりとる。

腸内環境を整える。など

 

実はお肌も同じ。自分の力でキレイになれる。
 
 
例えば乾燥。
 
乾燥の原因。
肌表面にあるお肌を外部刺激などから守ってくれるバリア機能の低下。
 
 
何度もお話ししていますが、添加物だったり、強い洗浄力のものでの洗顔。
 
 
自ら作った潤い成分を洗い流したり、細胞にダメージを与える成分だったり。
 
 
それによりバリアゾーンは傷つきます。
 
 
更に乾燥を引き起こす。
 
有害物質もお肌に浸透しやすくなります。
 
 
有害物質や化粧品添加物も簡単に浸透してしまいます。
 
 
そしてどんどん敏感肌に。
 
 
肌本来の機能の低下させていませんか?
 
 
化粧品添加物。
 
 
乱れた食生活。
 
 
睡眠不足。
 
 
などが原因に。
 
 
肌機能を正常にするには、添加物の少ない食材でバランスのいい食事をする事。

 

質のいい睡眠を取る事。

 

 

スキンケアは、お肌に必要な成分だけを使用する。など

 

 

 
エクレでのお手入れは、お肌に必要なものしか使用せず、外部からどんどん栄養分をあたえるのではなく、
肌本来の機能を甦らせ、自らの力でキレイなお肌に生まれ変わらせていきます。
 
人間の力ってほんとすごいっ!!!
 
 
ホルモンやら内臓やらその働きってほんとすごいっ!!
 
 
美肌ととても密接に関係している。という更に詳しくお勉強しております。
 
 
もっともっとお客様のお役に立てるように頑張ります♪
 
 
 
 
そして、最後に実は脳もだませるっていうスクールの先生のお話。
 
ある日、指を火傷した。

 

普通なら水で少し冷やす。しばらくすると水ぶくれができ、跡が残る。

 

その指をすぐ保冷剤で12時間ほど冷やす。

 

脳は火傷をしてないと認識し水ぶくれも跡にもならなかったそう。

 

 

 

脳をだますってイメージングと同じじゃないかと思う。

 

 イメージングで火傷もできるしね。脳をだます。

 

あなたがいつまでも健康で美しく、輝いていられますように

 

顧問医師契約サロン e’clat(エクレ)三重県四日市市南松本町3-10

059-358-5277 ←クリックすればつながります。

しみ改善エステ / /私がドクターリセラにこだわる訳

エクレに出来る事と出来ない事 /メールで問い合わせる

 久保さとみのママ目線ブログはこちらをクリック←こっちもみてね

The following two tabs change content below.
久保 さとみ

久保 さとみ

エステ歴10年。2008年シミ改善専門エステサロンを開業。国際INFAライセンス取得。ドクター認定スキンフィットネスカウンセラー。日本全身美容協会認定エステティシャン。2013年優良サロンに認定される。 ドクターリセラ推奨サロン。 「あなたに豊かで輝く人生を送っていただく」を使命としています。きらきらライフとして、キレイでいられる、健康でいられる事を配信。
久保 さとみ

最新記事 by 久保 さとみ (全て見る)

 - ❤美魔女計画

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 1follow us in feedlyLINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事