*

自分を大切にするってどういう事?②

      2018/08/14

こんにちは。

三重県四日市 美白へ導くシミ改善専門エステサロン エクレの久保さとみです。

いつもありがとうございます。

前回書いた記事、自分を大切にするってどういう事?①の続き

[自分を大切にするってどういう事?②]

私は、片付けが苦手。

掃除も好きじゃない。

お店は、お客様が見えるから掃除するけど、家はやる暇はないって事で、悲惨な状態。

以前、頑張らないという事でも書いたんだけど、自分の出来る範囲、私が気になれば片付ける。

でもやっぱりきれいな方が気持ちはいい。

で、ずっと気になっていたベランダをちょっと片付けてみた。

ベランダの素材で、ほうきでは髪の毛とか素材にくっついて取れないので、手袋して髪の毛を取らなくちゃいけない。

これが、非常に面倒。

それでも、もう限界と先日、掃除しました。

そしたら、洗濯物干しにベランダに出る度に気持ちいい♬

洗濯干すのは好きなので、いつもよりワクワクする♡

そしたらね、こんな記事に出会った『続・1日目・・・・7daysマジックそ実践する』

一部抜粋

私、怠けてたなあって降ってきて

一瞬自分で、

 

主婦として、女として怠けていたということかなあと思ったんだけど、違うね。

自分を本気で幸せにすることを怠けてた
んだと思う。

 

 
 

大切な自分が毎日過ごす家を

自分が気持ち良く幸せに過ごせるようにすることが出来ていなかった。

自分を幸せに出来ていなかった。

 

ここまで

あっ私もこれだわ。

朝は子供たちのお弁当作って、

洗濯して

お茶碗洗って、

仕事行って、

20時頃仕事を終えて

夜ご飯の買い物行って

ご飯作ったら2130

茶碗あらって

毎日こんな感じ。

で、ここにストレスがあった。

なんで、私ばっかりしやなあかんの???

朝も早く起きて(ここは疑問だけど)、仕事行く前に家事をして、私が1番遅い帰宅なのに、また夜ご飯作って片づけして。

はーーーーーーーー?????

って思いがあった。

だから、気が付いた人が、掃除すればいいし、片付けすればいいやん。

私は気づかないからしないよ。

でも、思い出した。

仕事していない時は、片付けも掃除もしてた。

片付けは苦手だけど、苦手なりに、まあそれなりにしてた。

インテリアもこだわってたし。

仕事もして、なんで家事全部、私がしやなあかんの!

これがあったから、ますますしなくなったんだわ。

私ばっかり損してる!って。

この記事を読んで、そうか、私も本気で自分を大切にしてなかったわ。

家族の為にキレイにじゃなくって、私が気持ちよく暮らす為にキレイにしよう!!

元々、布団を干すのも好き。ふかふかのお布団が好きだから。

自宅サロンの時は、ほぼ毎日、誰かの布団を干してた。

お店に変わったら、雨が心配で干せなくなった。帰りも遅いしね。

先日、オープンが遅めの時間だったので、久々にお布団干したら、気持ちいいーーーー♡

あぁ、これだよ!

私、めっちゃ喜んでる♬

私が私を喜ばす為に、キレイな部屋にしたり、ふかふかなお布団にするんだ。

主婦だからじゃないんだって、思い出した♬

で、今、断捨離中。

バックも服も靴も、1年着てなかったり、使ってなかった捨てる。

クローゼットもバック置き場もスカスカになった。

気持ちいい♡

これからも本気で私が私を喜ばすんだーーー♡

これが、自分を大切にするって事。

あなたも本気で自分を大切にして、きらきらライフを送ってね♡

まとめ

自分を大切にするのは、自分が心地いい空間、物、人に囲まれている事。

自分を喜ばせてあげる事。

エクレでの肌改善結果はここ

フェイスブックやってます。友達申請して下さい。

ツイッターお弁当アップしてるインスタグラムもフォローしてね♡

エクレのホームページは下記↓↓をクリックしてね

http://www.eclat-s.com/ 

059-358-5277クリックすればつながります。

メールはこちら

The following two tabs change content below.
久保 さとみ

久保 さとみ

エステ歴10年。2008年シミ改善専門エステサロンを開業。国際INFAライセンス取得。ドクター認定スキンフィットネスカウンセラー。日本全身美容協会認定エステティシャン。2013年優良サロンに認定される。 ドクターリセラ推奨サロン。 「あなたに豊かで輝く人生を送っていただく」を使命としています。きらきらライフとして、キレイでいられる、健康でいられる事を配信。
久保 さとみ

最新記事 by 久保 さとみ (全て見る)

 - ❤きらきらライフ, 心の事

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 1follow us in feedlyLINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事