*

歴史に興味ないけど、ちょっとは知っておきたい方へのおすすめ本

   

こんにちは。

三重県四日市 美白へ導くシミ改善専門エステサロン エクレの久保さとみです。

いつもありがとうございます!

今日はおすすめ本のご紹介を♬

私が今ドハマリしている漫画「信長のシェフ」。

91i5y6Dz5jL

漫画かーいって突っ込みが聞こえそうだけど。

これ、文字だけやったらなかなか頭に入らん。

漫画なのに、もう1回戻っては読み状態。

織田信長なので、戦国時代のお話。

01

歴史って「良い国(1192)つくろう鎌倉幕府」とかそんな試験対策でしか興味なかったから歴史上人物なんてよく分からない。

だれが好きって言われたら「卑弥呼」って答えてたくらい。この時代のテストの点数が良かったから(笑)

この漫画でこの戦はこんな風に勝ったのか、とか信長とこの人はこういう関係やったのかっていろいろ分かって面白い!

もちろん実在しない人が出てきたり、習った事とは違う事もあるけど。だから歴史をちょっと知りたい人にオススメ。

平成から戦国時代にタイムスリップしたシェフが、信長の元で料理人として仕える。

そして、料理を通して、その人の心を開いたり、その人の本心を感じたり。

料理でメッセージを伝える。

料理で人の心を動かすという事は、料理を作る人自身も、食べてくれる相手をしっかりみないといけない。

どういう気持ちでそこにいるのか。

どこから来たのか。

何を求めているのか。

この本に出てくるお話で、「ルイス・フロイス」というポルトガルから布教の為に日本にきた時の事。

信長は料理人(ケン)にルイス・フロイスに出す料理を作らせます。

信長に「ルイスを最高に喜ばせろ」とだけ言われ。

ケンは信長の意図を考え料理を作る。

信長が何を求めているのか。

そして作ったものが「棒ダラと大根の葉とレンコンのポタージュ」。

IMG_0588

それを見た信長は「なんと質素なものを」と内心思う。

しかし、それを飲んだルイスは泣き崩れる。

それは故郷の味「バカリャウ」とよく似ていた。

7af2d507

そして信長が質問をする。「いくつだ?いつ日本に来た?何歳の時に故郷をはなれた?」

ルイスは故郷を出る時の母の言葉を思い出した。

「どんな困難があっても決してあきらめてはいけない。どこにいようともそこがあなたの故郷です。故郷の人たちの為に働かせて頂くのですよ。」

信長の意図。巷ではルイスの目的は布教ではなく、この国を乗っ取る事と騒がれていた。

このうわさが本当かどうかルイスの真意を引き出す事だった。

相手が何を求めているのか。料理だけじゃなく、いろんな職業にも言える事だなって思います。

仕事だけじゃなく、人間関係においても。

この人は何をすれば喜んでくれるのかな?何を望んでいるのかな?

なんでシミを薄くしたいのかな?

まあ私の場合、感じるのは難しいので聞いちゃいますけど(笑)

誰かの為っていう気持ちの方が、より頑張れます。

「子供の為にキレイなママでいたい」

「ご主人の為にキレイな妻でありたい」とか。

これも結局は自分の為なんですけど(笑)

やっぱりいつまでもキレイねって言われたいですから♬

って話ずれましたけど、おもしろいので読んでみて下さい!

レシピも少しのってますよ♡ お料理もしたくなります♬

歴史もっと知りたくなりました\(^o^)/

これからもずっと、あなたがきらきらライフを送って行けますように♡

近頃わくわくがいっぱいな私♬

私と会うとハッピーになりますよん♡きっと

↓↓クリックして頂けると励みになります!

肌の悩みがある方は→お肌チェックはこちらから

無料カウンセリングはお気軽にお電話下さい。

ホームページは下記↓↓をクリックしてね

http://www.eclat-s.com/ 

059-358-5277 ←クリックすればつながります。

 

 

The following two tabs change content below.
久保 さとみ

久保 さとみ

1973年生まれ。エステ歴10年。2008年シミ改善専門エステサロンを開業。国際INFAライセンス取得。ドクター認定スキンフィットネスカウンセラー。日本全身美容協会認定エステティシャン。2013年優良サロンに認定される。 ドクターリセラ推奨サロン。 「あなたに豊かで輝く人生を送っていただく」を使命としています。きらきらライフとして、キレイでいられる、健康でいられる事を配信。
久保 さとみ

最新記事 by 久保 さとみ (全て見る)

 - ❤おすすめの本

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 1follow us in feedlyLINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事

関連記事はありませんでした