*

その出来事は自分の思考、感情が作ったもの

      2018/07/29

こんにちは。

三重県四日市 美白へ導くシミ改善専門エステサロン エクレの久保さとみです。

いつもありがとうございます。

 

[その出来事は自分の思考、感情が作ったもの]

 

以前、潜在意識は全力で願いを叶えてくれるっていう事を書きました。

宇宙の法則。

私のここ数日の出来事を。

先月の終わりくらいから、シミ改善の新規のお客様の受付はしばらくストップしようかなって考えてた。

自分のキャパが分かってきて、1対1で肌改善のお客様と向き合っているので、これ以上、新規さん受け付けちゃうと現在通って頂いてるお客様をしっかり見れなくなるかも。

でも、よっかいちあいさんとは年間契約してあるからやめられない。

そして、本当にストップしてしまって大丈夫?って不安もある。

実際まだ、新規さんを受け入れる時間の余裕はある。

どうしようかなって迷ってた。

ふと、昨日「あれ?休みとは言え、予約フォームからの問い合わせが全然ないぞ?」と思ったワケです。

1日1件は、リピーターさんからもフォームを使って、ご予約が入るのに。

ホームページを見てみたら

 

消えてる!!!!

 

うちのホームページがどこにもない。

めちゃくちゃ焦りました。

エクレ 四日市で検索してもどこにもないんだもん。

うちのお店が消えた(゚o゚;

一気に不安が押し寄せました。お店の存在がなくなったような気がして。いったいいつからなかったの?

リピーターさんもどうやって連絡くるの?(電話あります(笑))

そこで、焦ってもしょうがない。

ふと、これ私が望んだ事やん。

新規さんをどうしようかなって。

宇宙さんは最善で最短でした。すごいなっ。

思ってる事が現実化した出来事でした。

でもやっぱり不安なんです。

本当に新規さん受け入れなくて大丈夫?お店の経営大丈夫??

やらしい話、うちのサロンが存在してない事になってるから、新規さんが他に流れてしまう不安。

でも、私は決めた事がある。

 

何があっても私は大丈夫!!全てはうまく行く!!

 

って事。

そしたら、スマホのメールアドレスを知っている方やラインからご予約、ご注文を頂けた。

大丈夫だよって証拠が集まってくる。

ほら、やっぱり大丈夫やん♡

心屋さんも言ってたけど、こじつけと思う人もいるだろうけど、私はこれが宇宙の法則、心の仕組みだと思ってる。

どう思うかは、その人の自由だからね。

今、私はこの仕組みを考えるのが楽しい♬

でも、ここが一番大事だと思う。

本来、これ集客に関わる事で、ホームページは24時間仕事してくれるツール。

それがなくなったって事は、仕事できない状態。

当然、業者さんに怒りが湧く。もしかしたら、ブチ切れて電話しちゃうかもしれない。

でも、その状態を自分が望んでいたとしたら?

怒りが湧かないわけです。あっ私が望んだのかーって思うだけ。

この違い大きいでしょ??

怒りってパワーいるしね。引きずるしね(私だけかな)その時間がもったいないよ。

怒りの時間を楽しい時間に変えれる。

もちろん、業者さんに怒ってもOK。それも自由。

今、ある現実は自分が作っているんやなぁ。

あっ、ホームページは現在、原因解明中です。

 

まとめ

自分の思考、思い込み、感情が目の前の状況を作っている。

それをどう受け取るかはあなた次第。

 

エクレでの肌改善結果はここ

メニューはこちらをクリック

エクレのホームページは下記↓↓をクリックしてね

http://www.eclat-s.com/  

059-358-5277 / メールはこちら

私とつながって頂けると嬉しいです♡

フェイスブック→

ツイッター →

お弁当アップしてるインスタグラム→

エクレのきらきらライフのインスタグラム→

さとっちのわくわくライフのインスタグラム→

 

The following two tabs change content below.
久保 さとみ

久保 さとみ

エステ歴10年。2008年シミ改善専門エステサロンを開業。国際INFAライセンス取得。ドクター認定スキンフィットネスカウンセラー。日本全身美容協会認定エステティシャン。2013年優良サロンに認定される。 ドクターリセラ推奨サロン。 「あなたに豊かで輝く人生を送っていただく」を使命としています。きらきらライフとして、キレイでいられる、健康でいられる事を配信。
久保 さとみ

最新記事 by 久保 さとみ (全て見る)

 - ❤きらきらライフ, 心の事

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 1follow us in feedlyLINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事