*

こうして被害者意識は作られる

      2017/05/28

こんにちは。

三重県四日市 美白へ導くシミ改善専門エステサロン エクレの久保さとみです。

久保さとみってこんな人。

月金ブログへ来てくださりありがとうございます。

 

[こうして被害者意識は作られる]

 

先日の「私、欲求不満でした」の続き。

講習に戻ってからも、満腹感が抜けない。

「苦しーー、胃が痛いよぉ」

座ってても痛いし、どの体勢をしてても痛い。

柴『苦しかったら寝ててもいいよ、あっちのソファーで寝ててもいいよ』

私「大丈夫」

あっち行っちゃうと、寂しいし、みんなの話が聞こえないから。

いい時はいいんやけど、たまに胃がキリってすると、つい

「いたっ(>_<)」

って言ってた。皆が、ああしたら?こうしたらってアドバイスくれてた時に

柴「アドバイスするの辞めて、それ、コントロールやから。そうやってエサまかんといて。そのうち、この塾で食べさせられたって被害者になってくから」

╭( ๐_๐)╮╭( ๐_๐)╮╭( ๐_๐)╮╭( ๐_๐)╮

えっ?そーなの???

んーーー?こういう事かな?

胃が痛いよー。

胃が痛い私はかわいそう。

この塾で食べさせられて、胃が痛い私はかわいそう。

塾のせい。的な。

被害者意識。

これやとしたら、知らん間にあちこちでしてそう_| ̄|○ il||li

柴『食べるって決めたんは、さとっちやん?誰のせいでもないやん?最初は痛い反応おもしろいけど、寝て来てええよってゆーてるんやから、寝てきたらいいし。何回も言うってかまってちゃんと一緒や。』

そうだわ、かまってちゃんだわ(ㅇㅁㅇ川

私が決めた事やし、誰のせいでもない。

私が前日叫んでたんやもん。

「粉もん食べたーい!」て(笑)

これも合わせて読んでみて。この仕組み。なんかやっと分かってきた→『リスクと豊かさの循環のはなし』

そんなこんなで、いろいろ気づきのあった、2講目でした。

今回出されたミッション。

「本当に食べたいものを食べたい時にたべたいだけ食べる」

癖でつまんでしまう事もあるけど、本当に食べたい物を食べると満足感がいっぱい。

今日の夜、何食べたいやろーって考えてると、コレってのが浮かんできたり、匂いがしてきたり(笑)

特に前よりも食材に拘るようになった。

遠くても美味しいスーパーに買いに行ったり。

自分が食べたいなーって思うの作ってると楽しいしね♡

あっ!そうか、今までは食材が送られてくるから、それに合わせてメニューを考えてた。

息子がおらんくなったから、ほとんど辞めた。

食べたいものを作る方が楽しいね♡

自信を持たせるエステティシャン さとっち☆でした!

 

シミ改善で-5歳を目指したい方はこちらをクリック

エクレでの肌改善結果はここ

エクレのホームページは下記↓↓をクリックしてね

http://www.eclat-s.com/  

059-358-5277 / メール

住所、四日市市南松本町3-10

私とつながって頂けると嬉しいです♡

フェイスブック→

ツイッター →

お弁当アップしてるインスタグラム→

エクレのきらきらライフのインスタグラム→

さとっちのわくわくライフのインスタグラム→

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
久保 さとみ

久保 さとみ

1973年生まれ。エステ歴10年。2008年シミ改善専門エステサロンを開業。国際INFAライセンス取得。ドクター認定スキンフィットネスカウンセラー。日本全身美容協会認定エステティシャン。2013年優良サロンに認定される。 ドクターリセラ推奨サロン。 「あなたに豊かで輝く人生を送っていただく」を使命としています。きらきらライフとして、キレイでいられる、健康でいられる事を配信。

 - ❤きらきらライフ, ❤講習・セミナー・勉強の事, 心の事

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Warning: file_get_contents(http://cloud.feedly.com/v3/feeds/feed%2Fhttp%3A%2F%2Fj-uk.co%2Ffeed) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/eclat-s/eclat-s.info/public_html/wp-content/themes/stinger5_child/sns.php on line 8
follow us in feedlyLINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事