*

エステという仕事

      2014/04/24

 

こんばんは。

三重県四日市 顧問医師契約サロンe’clatのしみ改善アドバイザーさとっちこと、久保さとみです。

 いつもありがとうございます!

 

一昨日はエステティックグランプリ本戦を見に行きました。
全国1位のエステティシャンを決める。

なぜこんな大会があるのか。

エステというとどんなイメージがありますか?

華やかなイメージ。
お客様をキレイにするキレイな仕事というイメージがするかもしれません。

その反対に勧誘がしつこい、契約するまで帰さない。
というようなイメージもあるかもしれません。

そのダークなイメージを払拭する為、そんなサロンではなくお客様の為にと常に考えるサロンであり続けられる様にエステティックグランプリが発足されました。

エスグラ1 
≪写真は現在のものではありません。どこかから拝借(^O^)≫
 

 

一般の方が覆面調査に入る。

サロン側からは全く覆面の方だとは気づきません。

頂いた調査からもっと居心地のいいサロンにしていく。

お客様に喜んで頂く事がエステティシャンの喜びだから。

 

エステティックグランプリ本戦では、サロンプレゼンテーションがあります。

自分がどんな想いでエステという仕事をしているのか。

自分の仲間にどんな想いがあるのか。

 

エステという仕事は理想と現実のギャップが激しい職業だと思います。

帰りは遅いし、実は肉体労働だし、雑務もたくさんあるし、常に勉強しなくてはいけないし、練習ばっかりだし。

結構キツイ。

そんな現実を目の当たりにして、辞めていくスタッフ。

月の売上目標を達成しなければと無理な勧誘をしてしまうスタッフ。

プライドが高すぎるスタッフ。

スタッフの気持ちが理解できない店長。

私1人が頑張るしかない!みんな頼りにならない!と1人よがりになってしまう店長。

更にはコース契約が何件も取れて行くと大金が舞い込む。

だんだん自分を見失うオーナー。そしてマネーゲーム。

みんなが離れて行く。

スタッフがお客様が離れていく。

会社が倒産寸前。

 

孤独になった時、初めてそんな自分に気づく。

自分と向き合い。何の為に働いているのか。

自分には何が必要なのか。

冷静に考えた時、温かく見守ってくれる支えてくれる仲間に気づく。

スタッフや上司ではなく、共に支え合うパートナーという事。

そして、そんな自分からの脱却。

エスグラ2
≪これも過去のもの≫

 

そうして、自分の成長、やっぱりエステが好き、お客様が好き、この仲間が好き!

そんな想いをプレゼンする。

正直に自分の格好悪い部分をさらけ出し、これがあったからこそ今の自分がいると言う事。

どのエステティシャンも サロンやお客様に対する気持ちは同じ!

何の為に働いているのか。

お客様に喜んで頂く為。

この為だけに。

仕事自体は大変だけれど、この想いがあるからこそ 大好きな仕事。

 

エステティシャンはエステを通して、美容だけじゃなく、心や身体を健康にしていける、こんな素晴らしいエステという仕事に誇りを持っています。

私もエステという仕事に出会えて良かった。

私が1番変われたのはエステという仕事に出会えたから。

お客様が久保さんに会えて良かったと言ってくれたから。

必要とされたから。

お客様の為だからこそ 頑張れる!!

みんなのプレゼンを聞いてますます私ももっともっと成長して行こうと思いました。

 
顧問医師契約サロン e’clat(エクレ)
http://www.eclat-s.com/

 久保さとみのママ目線ブログはこちらをクリック←こっちもみてね

 

 

The following two tabs change content below.
久保 さとみ

久保 さとみ

エステ歴10年。2008年シミ改善専門エステサロンを開業。国際INFAライセンス取得。ドクター認定スキンフィットネスカウンセラー。日本全身美容協会認定エステティシャン。2013年優良サロンに認定される。 ドクターリセラ推奨サロン。 「あなたに豊かで輝く人生を送っていただく」を使命としています。きらきらライフとして、キレイでいられる、健康でいられる事を配信。

 - ❤e'clat(エクレ)について, 私の思い

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 1follow us in feedlyLINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事