*

化粧品はいつから冬用に・・・?

   

こんにちは。

三重県四日市 顧問医師契約サロン エクレのしみ改善アドバイザーさとっちこと、久保さとみです。

いつもありがとうございます!

昨日は、夏のダメージ肌の救急ケアをお話ししました。

今日は、化粧品を冬用に変えた方がいいのかというお話。

スキンケア

結論からいうと、夏用、冬用なんていらない。

昨日もお話した通り、腸内環境と血流が良く、毛細血管まで血液が届いていれば細胞に酸素と栄養がしっかりと届けられる。

元気な健康な細胞が作られるのです。

お肌が健康であれば、肌本来のちからで修復して行くので、夏用冬用と分ける必要がないのです。

夏は紫外線からお肌を守ろうと、メラノサイト(シミを作る工場)が活動したり、角質を厚くしたり防御機能が働きます。

この様にならない為、紫外線対策をきちんとする。

日傘をさす、日焼け止めを塗る、汗をかいたら塗り直す。

エアコンや汗で乾燥が気になれば、保湿クリームを入れる。

これは、夏だけじゃなくて冬も同じなんですね。

やはり、冬場は乾燥しやすくなるので乾燥しがちな方は保湿力の高い化粧水やクリームに変えて下さいね。

冬場でもそんなに乾燥しないという方は変える必要はありません。

乾燥が激しい方は、朝はぬるま湯のみで洗って下さい。

皮脂がかなり出る方も朝はぬるま湯のみで洗ってみて下さい。

それで皮脂が浮かなければ、洗いすぎでお肌が乾燥してしまって、お肌を守らなきゃと皮脂が過剰に出てしまうんですね。

そして、ファンデーションを塗ってるお肌は、自分の皮脂とファンデーションのオイルで、だんだん酸化していきます。

酸化脂状態。

お家に帰ったらなるべく早くメイクをしっかり落として下さいね。

汚れが残ったままだと、お肌はどんどん酸化してシミやシワの原因に。

夏用冬用と分けるというよりも、紫外線対策をしっかりして、血流を良くし、腸内環境を良くし、栄養のバランスを取り、良質な睡眠を取り、日中の汚れをしっかり落とし、乾燥が気になれば保湿クリームを塗る。

化粧品添加物にも注意する事。

そして、本来の肌機能を高めてあげる事が大切です!

 

肌機能を高めるエステは下記↓↓をクリック

http://www.eclat-s.com/ 

059-358-5277 ←クリックすればつながります。

久保さとみのママ目線ブログはこちらをクリックこっちもみてね

 

The following two tabs change content below.
久保 さとみ

久保 さとみ

エステ歴10年。2008年シミ改善専門エステサロンを開業。国際INFAライセンス取得。ドクター認定スキンフィットネスカウンセラー。日本全身美容協会認定エステティシャン。2013年優良サロンに認定される。 ドクターリセラ推奨サロン。 「あなたに豊かで輝く人生を送っていただく」を使命としています。きらきらライフとして、キレイでいられる、健康でいられる事を配信。
久保 さとみ

最新記事 by 久保 さとみ (全て見る)

 - ❤美魔女計画

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 1follow us in feedlyLINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事